インターネット回線の選び方(2020年対応)

2020年1月6日

インターネット関連記事
ラグの原因調査 おすすめ光回線
LANケーブルの選び方 光回線をギガ回線に変えたなら

おすすめ光回線などもご紹介しています。

評価

回線種類 評価
10Gbps
2Gbps
1Gbps
100Mbps    ○(注意)
ケーブルテレビ系
ADSL
モバイルルーター
スマホ(テザリング) ×

光10Gbps(評価:△)

大規模通信を行う事業所向け。
個人で契約する場合は「ルーター」「LANケーブル」「PCのLANポート」をすべて伝送速度が10Gbpsの通信に耐えうる物に交換が必要。(個人向けルーターの10Gbps対応の物は2019/12時点で確認できず)

光2~1Gbps(評価:○~◎)

大~中規模事業所や、遅延やラグを許せない個人向け。もしくは4人以上が同時にネットに接続する可能性がある家庭向け。
高速通信を行うため、パケットロスや障害等が発生していても気づきにくくなる。

ギガ回線にしたなら宅内環境も見直そう

光100Mbps(評価:○)

一般向け(単身世帯~2人世帯向け)。
youtubeで高画質動画を見たりする分には問題ない通信速度規格。4人以上の家族で同時にネット接続した場合は物足りなくなる可能性あり。
1人で使用中でもパケットロスや障害等が発生している場合、遅延やラグを感じる場合が多々ある。

あくまで私個人の予想だが、今後100Mbps回線は契約者数が縮小傾向に向かうと思われる。1Gbpsか100Mbpsか少しでも迷ったら、1Gbps回線にしておくのをおすすめする。

ADSL(評価:△)

youtubeの高画質視聴も厳しい通信規格。
FF14自体のプレイは可能だが高難易度コンテンツでは、ラグや遅延などで他人の足を引っ張る可能性が大いにある。
利用者数の減少により2016年をもって新規契約を順次終了。2023年頃に完全終了の予定。早めに光回線への移行をおすすめ。

モバイルルーター(評価:△)

出張などが多い人向け。ノートPCとの併用が強み。
ただし、通信する場所によっては不安定だったり、全くつながらなかったり。
どうしても必要なら業界最速クラスの「UQ Wimax2+のギガ放題プラン」がおすすめ。

スマホ(テザリング)(評価:×)

繋がるか繋がらないかで言えば繋がるが、FF14のゲームプレイは不可能レベル。

おすすめ&おすすめしない光回線業者

⭕おすすめ回線業者 ❌おすすめしない回線業者
・NURO光2G
・au光1G
・電力会社系光1G(eo光を除く)
・フレッツ光(コラボ光)
・ケーブルテレビ系光

注意!

下記評価はネット上の一般的な評価です。同じ地域でも光回線の基地局からどれほど離れているか。速度低下を招く要因がどれほどあるか、戸建てか集合住宅かによって大きく変わってきます。速度や安定性は「契約して使ってみないとわからない」というのが今のインターネット事情です。
ですので下記評価もあくまで参考程度にされてください。

NURO光2G(評価:○)

速度
安定性
集合住宅 おすすめ
(契約可能か要確認)

SONYが親会社でありNTTのダークファイバーを使い、かつ最新の通信規格技術を使い超高速通信を行う。おそらく個人向けで国内最速通信事業者。
その代わりに確実に儲かると踏んだエリアでしか展開しておらず、多くの地域で契約不可能。また、契約可能エリアであっても5階建てマンション以上でないと契約出来ないなど様々な条件も。

au光1G(評価:○)

速度
安定性
集合住宅 おすすめ

KDDIが親会社でありNTTのダークファイバーを使い高速通信を行う。
遅延やラグなどが発生しにくい。

電力会社系光1G(eo光を除く)(評価:○)

速度
安定性
集合住宅 おすすめ

各地の電力会社が自前でひいた光回線で通信を行う。スピードは光回線としては普通だが、安定性は随一。
フレッツ光などと違い一軒一軒に光回線を引いてくれるので、近隣住民のせいで通信速度がガタ落ちするというケースが無い。

電力会社系光

サービス名 電力系 提供エリア
コミュファ光 中部電力系グループ
中部テレコミュニケーション
愛知県
静岡県
岐阜県
三重県
メガエッグ 中国電力系グループ
エネルギアコミュニケーションズ
広島県
岡山県
山口県
島根県
鳥取県
Pikara 四国電力系グループ
ST Net
香川県
愛媛県
徳島県
高知県
BBIQ 九州電力系グループ
九州通信ネットワーク
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
(eo光は契約者数が多く混雑しやすいので除外)

フレッツ光(コラボ光)(評価:×)

速度
安定性
集合住宅 おすすめしない

NTTが主導する光回線。光回線契約者の67%がNTT回線を使っており大混雑中。ピーク時にはスマホ回線より遅くなるという噂も。
また、集合住宅の場合、光回線複数世帯で使う為、他の使用者が大容量データなどのダウンロードを行っている際は、他のユーザの通信速度がガタ落ちする。
遅延やラグを嫌うなら契約は見送るのべき。

コラボ光かどうか見極める方法

契約している会社名を調べる

ケーブルテレビ系光(評価:×)

速度
安定性
集合住宅 おすすめしない

ケーブルテレビ会社が運営しているインターネット回線規格。
一部の会社は光ケーブルを使って上記「光回線」と同じく高品質だが。半数以上の会社は同軸ケーブルを使っており通信速度や安定性が不安定。
また、会社によっては1つの回線を100以上の住宅で使っている場合もあり(NTT等はMAX32くらい)。夕方~夜や休日は一気にスピードや安定性が落ちる場合も。
遅延を許されないゲーム等では致命的になることも。原則として契約はオススメしない。