【お知らせ】PS5価格、発売日、予約開始日発表!また「FF16」のリリースも発表!プロデューサーは吉田直樹!

つよくてニューゲーム【5.3対応】

2019年9月16日FF14攻略情報

「つよくてニューゲーム」とは、クリア済みのストーリーを再体験できるシステムです。メインストーリーからヒルディブランドや追憶行まで、同じキャラクターでもう一度あのストーリーをプレイ可能です。

コンテンツ解放方法

 内容(Patch5.1)
受注条件・メインクエスト「蒼天のイシュガルド(Lv60)」をコンプリートしている
開始場所西ザナラーン (X:12.0 Y:14.0)
NPC:思い出に浸る老人
つよくてニューゲーム【5.3対応】

次回更新情報

  • パッチ5.35で新生編のメインストーリーが追加されます。

対応コンテンツ

【おすすめ!】←未開放なら”絶対に”やるのをおすすめするクエストです。

メインストーリー

新生エオルゼア(2.X)

(パッチ5.35より実装されます)

蒼天のイシュガルド(3.X)

  • 蒼天のイシュガルド1(Lv50~54)
  • 蒼天のイシュガルド2(Lv54~60)
  • 竜詩戦争完結編(Lv60)
  • 竜詩戦争戦後編(Lv60)

紅蓮のリベレーター(4.X)

  • 紅蓮のリベレーター1(Lv60~64)
  • 紅蓮のリベレーター2(Lv65~70)
  • 放戦争戦後編(Lv70)
  • 解放戦争戦後編(Lv70)

漆黒のヴィランズ(5.X)

  • 漆黒のヴィランズ1(Lv70~76)
  • 漆黒のヴィランズ2(Lv76~80)

クロニクルクエスト

レイド

  • 大迷宮バハムート
  • 機工城アレキサンダー【おすすめ!】
  • 次元の狭間オメガ【おすすめ!】

アライアンスレイド

討伐・討滅線

  • 古代の神々
  • 四聖獣奇譚【おすすめ!】

サブストーリークエスト

ヒルディブランド

  • 新生編【おすすめ!】
  • 蒼天編【おすすめ!】
  • 紅蓮編

竜詩戦争番外編

聖アンダリム神学院記

クラスクエスト【NEW】

TANK

  • Lv01~Lv30:剣術士/斧術士

HEALER

  • Lv01~Lv30:幻術士

DPS

  • Lv01~Lv30:格闘士/槍術士/弓術士/呪術士/巴術士/双剣士

クラフター

  • Lv01~Lv50:木工師/鍛冶師/甲冑師/彫金師/革細工師/裁縫師/錬金術師/調理師
  • Lv50~Lv60:木工師/鍛冶師/甲冑師/彫金師/革細工師/裁縫師/錬金術師/調理師
  • Lv60~Lv70:木工師/鍛冶師/甲冑師/彫金師/革細工師/裁縫師/錬金術師/調理師

ギャザラー

  • Lv01~Lv50:採掘師/園芸師/漁師
  • Lv50~Lv60:採掘師/園芸師/漁師
  • Lv60~Lv70:採掘師/園芸師/漁師

使いかた

西ザナラーンのNPCに話しかけてコンテンツを開放。

メインコマンド「コンテンツ情報」→「つよくてニューゲーム」を選択し、表示された項目から再体験するチャプターを選択できます。チャプターの最後のクエストをコンプリートすると「つよくてニューゲーム」を終了します。

つよくてニューゲーム【5.3対応】つよくてニューゲーム【5.3対応】

≪中断について≫

つよくてニューゲーム中には使用できない機能があります。これらの機能を使用する際には、つよくてニューゲームを「中断」すると使用できます。

中断するには、メインコマンド「コンテンツ情報」→「つよくてニューゲーム」のメニューを開き、「中断する」を選択します。

つよくてニューゲーム中には使用できない機能は以下のとおりです。

  • 未コンプリートのコンテンツへの申請
    ※「つよくてニューゲーム」進行中のクエストでコンテンツに申請する必要がある場合は、未コンプリートの場合でも申請できます。
    ※コンテンツへ申請した状態でつよくてニューゲームを実行できますが、マッチングしコンテンツに突入すると自動的につよくてニューゲームが中断します。コンテンツ攻略後、中断データから再開してください。
  • マーケットボードや呼び鈴など、NPC/オブジェクトにアクセスして使用する一部の機能
  • オプションアイテム「冒険録」の使用

注意

  • インスタンスバトルはレベルシンクします。
  • クエスト報酬は受け取れません
  • 進行度はオートセーブで1スロットのみ。別の「つよくてニューゲーム」のチャプターを選択しているとそれまでに進行していたものは消えてしまいます。
  • メインクエスト上、飛べなかったエリアも開放していれば飛べます。進行上行けなかった場所にも行けますが、その場合、見えてはいけないものが見える場合があるとのこと。