黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

2019年12月14日

(Anamnesis Anyder)

パッチ5.2で実装される「黒風海底 アニドラスアナムネーシス」のページです。

STORYテンペストの海底に、ひっそりと佇む幻影の古代都市「アーモロート」。そのさらに向こう、西方の水底に新たな遺構が発見された。それはオンド族が棲まう潮溜まりと同様に、エメトセルクの幻に彩られてはいない実体ある本物の遺跡だという。

黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

受注条件

内容(Patch5.2)
突入条件 ファイター/ソーサラー Lv80(IL440~)
受注条件 パッチ5.2のメインクエスト「深く潜れ」を受注している
制限時間 90分
突入可能人数 1人~4人(フェイス対応)

攻略情報

第1ボス:正体不明

技名
詳細
1 不快な牙
MTへの攻撃
2 不気味な念
複数の範囲攻撃とボス中心の扇型範囲攻撃(ルーレット)
「観察」の詠唱完了と共にどちらも攻撃。それまでは攻撃可能。
ルーレットは止まり始めてから約90度必ず時計回りに回転するのでそれを見て安全地帯へ。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
3 ルミナスレイ
ボス前方範囲攻撃
4 意味不明
プレイヤー全員に「ペイン(継続ダメージ)」
5 「新たな正体不明が現れた!」
新しく現れた「正体不明」より直線型頭割り攻撃。
「不気味な念」も同時に来るが、攻撃着弾は頭割りがかなり先なので落ち着いて対処を。
2体は先にHPが低い方を倒してしまおう。(倒してしまうともう一体に与ダメージ上昇が付くが大した事はない。)
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

第2ボス:クリュプス

技名
詳細
1 恐怖の最終章
全体攻撃
2 2000ミナ・スイング
ボス下範囲攻撃。かなり大きいのでしっかり回避。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
3 恐怖の戦鎚/恐怖の大剣
床に「鎚」「剣」のマーク
先に表示された方から攻撃。
後に表示された方に乗っておき、先に表示された方の攻撃が終わったらすぐにそちらへ。
2回目は同時に頭割りも来るが、頭割りの攻撃着弾が先なので落ち着いて対処を。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
4 レイジング・グラワー
ボス前方範囲攻撃
5 2000ミナ・スワイプ
ボス前方90度範囲攻撃
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

2ボス~3ボス道中

最優先撃破対象。放置すると1体から3体の増援が湧く。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

第3ボス:ルクスィー・ディーマ

技名
詳細
1 骨砕き
MTへの攻撃
2 水底の儀式
全体攻撃
フィールドにデバフ床が生成
(遠隔DPS/ヒーラーはボスからフィールド半分以上離れた場所に立つのがおすすめ。)
3 ハンド・オブ・オーシャン(1回目)
「手のひら」の方向への範囲攻撃。現れた順に攻撃してくる。
「手の甲」の前が安全地帯。
同時に「落水」の範囲攻撃も来るので重ならないように注意。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
4 上げ潮
ボス下十字攻撃。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
5 「排水溝から何らかの気配を感じる!」(1回目)
水しぶきの上がっている排水口の上に乗る。
乗りそこねると1箇所につき、増援一体が出現。増援を倒すまでの間ボスが無敵に。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
6 ハンド・オブ・オーシャン(2回目)  
東西に「手」が出現。出現した手の順に攻撃。
南北スタートはランダム。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
7 「排水溝から何らかの気配を感じる!」(2回目)
全排水溝から水しぶき。
ただし、同時に「ハンド・オブ・オーシャン」も来る。「手のひら」前の排水溝から出現する雑魚は「手のひら」の攻撃で自滅する。
他の排水口に乗る。
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
余談:「手のひら」の前より出現する雑魚は・・・
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80) 黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

攻略動画

MAP

①セティボス海溝
②機構表層
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80) 黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)
③機構深層
 
黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)  

報酬

黒風海底 アニドラス・アナムネーシス(Lv80)

豆知識

・開発内呼称:アシエン官邸

アニドラス

イングランドのトマス・モアによる1516年の著作「ユートピア」に登場する地名。「ユートピア(Utopia)」が「どこでもない(どこにもない)場所」という意味に対して、「アニドラス(Anydrus)」は「水がない川」という意味になる。

アナムネーシス

・追憶, 記憶能力
・既往症、既往歴、病歴
などの意味がある。

また、哲学において「想起説(anamnesis)」という学説にも使われている。
哲学者プラトンの説く真理認識に至る過程。人間の魂は、肉体に宿る前に天界で眺めていた"イデア“を想起することによって真理を認識するというもの。

冒険者達はこの場所でどんな”真理”を垣間見るのでしょうね?