【お知らせ】「イシュガルド復興」の情報を更新しています。
【お知らせ】今日は蛮族クエスト「ピクシー族」ランク「7:誓約」最速達成日!蛮族通貨ショップに「ファットポークシーホルン(マウント)」が追加されました。

PS5 x FF14 対応情報

2019年10月8日

更新内容

【2019/10/25】
・メディア記事に掲載された吉Pの発言を記載しました。赤字の部分です。

PS5発売日について

2020年末に発売が決定。
予想ではPS3やPS4と同じ月の2020年11月ではないかと思われる。
ただし、PS4の時は北米が11月、日本は翌年2月に発売された。北米の年末商戦は日本の比ではないくらい売れるので今回も年末は北米に注力。翌年、日本で販売という可能性もある。

すでに多くのゲーム開発会社に開発機(PS5)を渡しており開発が進んでいるとのこと。下画像は一部ゲーム開発会社に出回っている開発機の特許画像。「ダサい!」と思われる方もいるかも知れないが、実際に販売されるデザインではないので安心して良い。PS5の5とローマ数字のV(5)をかけたデザイン。

FF14の対応時期について

2019/10/25にFF14の開発から「前向きに検討する」と発言がありました。

PS4が発売された次期だと

  • PS4発売日:2014/2/22(北米:2013/11/15)
  • FF14対応日:2014/4/14(テスト期間:2014/2/22~4/7)
となって非常に早いです。ただし、これは2013/8/27にFF14新生エオルゼアがリリースされていることから、新生エオルゼア開発初期段階よりPS4に対応させるのは決まっており早かったと予想できます。

PS5発売時は上記のように発売日直後(2020年末頃)にPS5版を出す可能性もありますが、様子を見てパッチ5.5(2021年2月)以降など時期を遅らせる可能性もあります。時期を遅らせる可能性のもう一つの要因として、PS5ではPS4ソフトが動くとSIEの上役が発言しています。急いで対応しなくてもPS4版FF14を持っているならPS5で遊べる可能性があります。

PS5の性能について

現状、PS4は30fpsでなんとか動いているというレベル。
PS4ProでようやくPCといい勝負といった感じです。
これがPS5になれば現状のゲーミングPCよりはるかに上。4Kモニターでプレイしても問題なく動くレベルです。(ただし、FF14側が4Kに対応する必要あり)

価格はあくまで予想ですが、PS3の時のように後方互換ありの6万円台のモデルと無しの4万円のモデルが出るのでは?と予想します。

価格 ・4万もしくは6万との噂
性能 ・CPU:AMD Ryzen “Zen2″, 8 cores/16 threads(3GHz以上)
・GPU:AMD Radeon RDNA (RTX2080Tiと同等性能との噂)
・メモリ:DDR6 24GB
・主記憶装置:NVMe SSD(PS4Pro(HDD)の12倍以上の速度)
画質 ・ネイティブ:4K対応
・アップスケーリング:8K対応
・レイトレーシング対応予定
互換 ・PSVRデバイス対応
・PS4/PSVRソフト対応(PS3以下については未発表)
音質 ・PS3/PS4から大幅に向上
・3Dオーディオに対応

Q&A

Q:PS5に対応したら劇的に何かが変わる?
A:吉P「最初から劇的に何かが変わるということはありません。」(徐々に対応という意味か?)
Q:8Kに対応する?
A:吉P「TVの8Kが普及したら考えます。」

関連ページ